合気道部

合気道は植芝盛平翁が、わが国に伝わっていた古流柔術・剣術・槍術を体得し、新しく創出した武道です。 相手の攻撃に応じた投げ技・固め技など様々な技があります。円転の理合を生かし、力と力が激しくぶつかることなく、技をかけていきます。

中心軸をゆるぎなく保ち、柔らかな動きの中に相手を制していく技の体系は、まさしく生き方そのものに深くつながる哲学を有していると言えます。

本校「合気道部」では、技法のみではなく、「和の武道」と言われる合気道の理念を学ぶことも目的としています。

本校の活動は、月・火・水・木・金の業後を中心に第1体育館2階多目的室(サーキットトレーニング室)で行っています。

基礎・基本の技を中心に行っています。

8月に行われる全国高等学校合気道演武大会には、毎年出場しています。興味のあるみなさんは、見学に来て、実際に自分の目で確認してみてください。男子・女子ともに元気よく稽古しています。